Yusuke Okada さんは
パプアニューギニア・ファンを利用しています!

あなたも、Yusuke Okada さんのようなページを簡単に持つことができます。

参加する

Yusuke Okada

帰りの飛行機で夕焼けが見える席は?パプアニューギニア旅行をより楽しむためのネタあれこれ

土曜日の夜に成田空港を出発するニューギニア航空は朝方、首都のポートモスビーに到着します。

到着後は、現地旅行会社の日本人の方の案内で空港近くのゲートウェイホテルへ。

プールもある、ゆったりとしたホテルでビュッフェスタイルの朝食をとり、休憩した後に国内線の時間に合わせて、車で5分の空港へ。
ここの空港は案内に日本語表記もあって安心です。

本来ならタワリリゾートには日曜の14時から15時の間に到着し、到着後すぐにダイビングをする予定でしたが、国内線が4時間近く遅れてしまい(飛行機が延滞すると待合室でジュースとスナックのサービスがあり、ポートモレスビーの国内線の待合室は冷房が効いていて売店もあり、快適に待つ事ができます)アロタウの空港から約90分ほどバスに乗り、その後のボートに乗る頃には日が暮れかけていました。

しかしボートから見た夕焼けがあまりにも素晴らしかったので、ダイビングは出来ませんでしたが、ちょっと得した気分。

僕が滞在した11月は、水平線から登る朝日と水平線に沈む夕日をリゾートから見ることは出来ませんが、条件が整えば素晴らしい朝焼けと夕焼けを見る事が
出来るので、朝晩はリゾート内を散策しながら朝焼けと夕焼けを楽しむ事をお勧めします。


窒素抜きでダイビングが出来ない最終日は、ファーガソン島の温泉を見学するため早朝5時の出発したのですが、その日は幸運にもべた凪の快晴で、朝夕共に美しい空と海の鮮やかな色彩を堪能できました。

タワリリゾートはびっくりするぐらいの大自然の中あるにも関わらず、施設はかなり充実していて文句なし。

冷房完備の広く清潔な部屋には、もちろんホットシャワーも。
正直期待していなかった(笑)食事も、大満足の毎日でした。

またリゾート内を歩いていると愛嬌のある可愛らしい子供達が集まって来て一緒に遊んだり、写真を撮ったりと、楽しい時間を過ごす事ができました。

最後に、帰国時の国際線ポートモレスビーから成田空港へと向かう飛行機は、左側の窓際の席『A』をリクエストする事をお勧めします。

北へ向かう飛行機の窓からは、運が良ければ素晴らしい夕焼けを見る事ができます。

パプアニューギニア滞在中も帰国時の機内でも、美しい空を楽しんで下さい。

昔から変わらない光景なんだろうなと思わせる原始の海

タワリリゾートから行けるダイビングポイント『サンゴ海』と『ソロモン海』。

共に圧巻だったのはパープルビューティーやキンギョハナダイなどの美しい魚の量と密度。

ストロボの光が遠くまで届かない水中では全てを同時に写せないのが非常に残念なところで、パノラマカメラなんかでこの魚の大群を一発撮りできたら凄い写真が撮れそう。

潮当たりが良いサンゴの周りには、見渡す限りと言った表現がピッタリなほどの魚が元気に泳ぎ回っています。

養分が一杯のこの海はプランクトンも多いので、けして透明度は良くはありませんが、とにかく全てが濃い海。

びっしりと行き交う様々な魚群を眺めていると、この圧倒的な世界は、僕のこれまでの願望を一気に満たしてくれるかのようでした。

世界中どこへ行っても「昔はもっと良かったよ」と言われる事の多い海中の世界で、ここは遠い昔と何にも変わってないだろうなと思わせてくれる、そんな海。

パプアニューギニアにはタイムスリップしたかのように思える、そんな原始の海が確かに残っていました。

木漏れ日が美しいダイビングポイント「Deacon’s Reef」

パプアニューギニアに行く前から気になっていた場所
木漏れ日のポイント Deacon's Reef

ここで撮れた美しい写真を何度も目にしていたので
わくわくしながら向かいました。
この木漏れ日は水深が3m~5mほどの切り立った岩のドロップ沿いに
地上からの木が張り出していて、その木々の間を光が差し込む
ことによって生まれる光線。

この水中でしか見る事のできない、独特の美しい光を見上げながら
水中の世界ってやっぱりいいな〜とうっとり。
改めてダイビングの素晴らしさを教えてもらいました。
この日は残念なことにバチャバチャ波があったのですが
べた凪の水面でこの光を見たらもっと凄いんでしょうね。

また、ここのポイントは木々の密集している所は光が届かず真っ暗になっているので
明暗がばしっと別れたコントラストの高い写真を撮る事が出来ます。

サンゴの美しいポイント『コーラルガーデン』は
ここポイントのすぐ近くなので、
1本目にここで潜り、2本目にサンゴの『コーラルガーデン』
そして3本目にまたこのポイントを潜れば太陽の位置が変わっているので
1本目とは違った光線を楽しめると思います。

また事前にガイドさんに頼んでおけば、喜んでモデル役を引き受けてくれますよ!

パプアニューギニアの野外温泉は、エメラルドグリーンの美しさ

今回はパプアニューギニアの滞在最終日に行ったHotspring(温泉)のお話です。

窒素抜きの最終日はダイビングはせず、数あるアクティビティの中からファーガソン島のデイデイ温泉(Deidei Hotspring)を選び、行ってみました。

片道約4時間、決して近くはありませんが、普段ダイビングでも使用している大型船で陸沿いに進むので、揺れも少なく快適に向かうことができました。

道中何度も現れたイルカが船首で泳いだり、船が通った後に出来る波で波乗りをして遊んだりしている姿、海沿いの村や時折小舟に乗って現れる漁師さんの様子などを眺めながら、比較的ゆっくりとした様子で船は進みます。

夜明けと共に出発するので、午前中の早い時間には近くの村に到着し、そこからは地主のおじさんの案内で小舟に乗り換えて5分ほど行き、船着き場からはさらに20分ほどでデイデイ温泉(deidei Hotspring)に到着しました。


そこは熱湯がフツフツと泉から吹き出し、その脇に溜まったお湯がエメラルドグリーンに似た美しい色に輝く、美しくも、なかなかスリリングな場所。
活動している地球のエネルギーを感じることが出来ました。

天気も良く太陽もガンガンに照りつけるのにプラスして、地面からの熱と風向きによって襲ってくる熱湯の湯気にさらされる天然のサウナみたいな場所でした。

最後に向かった風が吹き抜ける木陰の川の水に、熱湯が混じり合いちょうど気持ちいい温度になった場所でした。
足湯は最高だったな。

また、このアクティビティには、案内してくれる地元のおじさんの家で休憩する時間があります。
高床式住居での生活や海上にあるトイレを体験したり、庭の木に実ったフルーツを食べさせてもらえたり、近所の住民と触れ合えたりと、リゾートに滞在しているだけでは味わえないローカルなパプアニューギニアの人々の暮らしを感じる貴重な時間を過ごす事ができますよ。

迫力と生命力に満ちた、パプアニューギニアのサンゴ

前回滞在したキンベ湾では、悪天候で見ることができなかったパプアニューギニアのサンゴ。

タワリリゾートからボートで20分、コーラルガーデンのサンゴ礁は想像以上に凄かった。
1本1本が太くて、長いエダサンゴは水面に向かって力強く存在感を示し、迫力満点の密集度。

パプアニューギニアのサンゴは水温が30度になっても白化する事はほとんどなく、白化しても1、2年ですぐに復活するとのこと。
耐性が出来ているのではないかと言っていたワインディのガイド、恵子さんの言葉を思い出しました。


そして水面から顔を出すとすぐ近くの陸地は、人が足を踏み入れることができないような密度の濃いジャングルが広がっているのです。

このジャングルがあってのこのサンゴ。
陸の豊かさが海中にも影響を与えるという当たり前の事を実感。

何度も言っていますが、ここパプアニューギニアの海中は生物の生きるエネルギーに溢れています。
その象徴がこのポイントのサンゴ礁。

ここを潜っているだけで自分もパワーをもらって元気一杯になれる、そんな場所でした。
ぜひ、味わってもらいたいです。


ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

ページの先頭へ