wata さんは
パプアニューギニア・ファンを利用しています!

あなたも、wata さんのようなページを簡単に持つことができます。

参加する

wata

  • 投稿者:wata
  • 2013-06-02 10:41

ゴロカマーケット

まるで毎日が「お祭り」のようなゴロカのマーケット。
毎日とてもたくさんの人でごった返しています。
人口2万人しかいないゴロカの街ですが、ゴロカの街の人全員がこの市場に集まっているのくらいの人の数。
ゴロカ以外の街からもたくさんの人が来ているからだそうです。

そのごちゃごちゃした感じが歩いていてとても楽しい。アフリカのマーケットなどにかなり似た感じ。
ただパプアニューギニアだけあって、野菜や果物の種類の豊富さには驚かされます。
土地が肥えているからかなんでも育つのでしょうか。

ムームーランチで出てくる不思議な食材たちも売られています。
日本では絶対に食べることのない「シダ」「パンノキの新芽」などなど。

  • 投稿者:wata
  • 2013-06-02 10:23

ビルムマーケット

ホテル「バードオブパラダイス」出て右へ100mほど行くと、ビルムのマーケットが行われている。
決まった時間はなさそうですが、日が出ているうちにパラパラとお店を開いている様子。

ビルムとはパプアニューギニアの国民的な人気を誇るカラフルなバッグのこと。
伝統的なものも今でもあり、海のほうではヤシで編んだビルム、ハイランド地方では木の皮で編んだビルムなどを使っていたそう。今は化繊のものが一般的。
時代とともにデザインや色の流行り廃りもあるらしいです。面白い。

値段は一つ聞いたもので60キナ(約3,000円)すべて手編みの一点ものなので安くはありません。

  • 投稿者:wata
  • 2013-06-01 16:02

ココポビーチバンガローリゾート

海沿いの高台にあるロッジ。
階段を降りればすぐに海があり、朝から魚釣りをしているおじさん(お兄さん?)がいたりする。
敷地内にプールもあるので、あまりに暑い日はプールで泳ぐこともできるが、水はなぜか半分海水が混じっているが、そんなに気にはならなかった。
とても綺麗なロッジで、ご飯もおいしく大満足。

  • 投稿者:wata
  • 2013-06-01 15:56

戦跡めぐり

ここラバウルは、第2次世界大戦中は最前線の島でした。
漫画「ゲゲゲの鬼太郎」で有名な水木しげるさんも、ここラバウルで戦争を体験し、
「ラバウル戦記」などの本も読んでいくと面白いです。
鬼太郎に出てくる「傘お化け」は、ラバウルのトーライ族のシンシンの恰好からインスピレーションを受けたとのこと。

あと、「永遠の0」百田尚樹もラバウルに来る前に読むことをお勧めします。
戦跡を巡るうえでも勉強になります。
感動で涙が止まらないので要注意。

  • 投稿者:wata
  • 2013-06-01 15:15

パプアニューギニアらしいホテル

ワリンディプランテーションリゾートは、ジャングルに囲まれたロッジで、ロッジの向かいには海が見え、パプニューギニアらしい滞在が楽しめました。
夜間は電気が止まってしまうのですが、各部屋に予備バッテリーがあり、最低限の電気はつけることができるようにするなど、細かな気配りを感じられるロッジでした。
まだまだ訪れる人も少ない「キンベ」なので、海もとてもきれいで、まさにサンゴの森といった感じ。
綺麗な海だけでなく、ホテルの木、温泉リバーなどの見どころもあり、ダイビングをしない人でも2泊くらいはゆっくりと滞在したくなるロッジでした。


ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

ページの先頭へ