takassimo さんは
パプアニューギニア・ファンを利用しています!

あなたも、takassimo さんのようなページを簡単に持つことができます。

参加する

takassimo

「地球最後の秘境」と言われるパプアニューギニアでのサーフィン トゥピラ村(マダン州ウリンガン)その2

翌日は、朝早くから誰もいないレギュラーブレイクの波に飛び込んで行きました。セットが絶え間なく来るため、皆で波を譲り合い、ローカルも波を譲り合うことを感じ、皆気持ちよく朝のセッションが終わりました。朝ご飯を食べ、「サーフィン以外でも何か貢献したいね」と話し合った結果、村の子ども、大人を混ぜて、大縄跳び大会を開催しちゃいました。最初は恥ずかしがって縄に入って来なかった子も、徐々に参加。終いには終わりが見えなくなるほどの大盛況!パプアニューギニアと日本の交流を小さな村で実行した充実感と共に日焼けがすごいことになってました。

その後、山形プロと堀プロの女性陣は地元子供達にシャボン玉の作り方を伝授したり、デザイナーの藤村さんはパプアニューギニアキッズが気に入ってしまい、なんだか妙な会話を子供達としてコミュニケーションをとったり、皆各々の地元密着プログラムを遂行してました。

お決まりのごとく、夜はトランプをしながらSPビールとサーフィン談義に花をさかせ、2日目終了!その3に続く。。。

ツアー会社: エス・ティー・ワールド
地図を拡大する

サーフィン -「地球最後の秘境」と言われるパプアニューギニアでのサーフィン トゥピラ村(マダン州ウリンガン)その1

2011年2月に地球最後の秘境と言われるパプアニューギニアに行ってきました。以前サーフとリップジャーナルでも紹介されて興味は持っていたのですが、正直「波はあるのかな?」という思いと、もしかして良い波があるのではないかという期待を膨らまして、トゥピラ村というところに行ってきました。

メンバーはプロサーファーの真木勇人氏、今や若手NO1ホープの大原洋人君を始め総勢10人のサーフトリップです。まずはポートモレスビーから国内線のマダンというところに到着。現地の熱い男性諸君がお出迎え。そして車で走ること2時間強、念願のトゥピラ村につきました。着いたとたん村の歓迎=シンシンダンスが始まり、村中集まっての歓迎!この時点で旅は終了とは言い過ぎですが、かなりの感動を覚えました。

村の歓迎式のあと、村の女性陣が作ってくれたサンドイッチを食べ、目の前=岸から20メートルのところでキレイなレギュラーブレイクが割れているではありませんか!一同我慢できず、ローカルサーファー数人の海へ飛び込んだのは言うまでもありません。トゥピラ村のレギュラーは、サイズがあがるとチューブも生まれ、上級者にも楽しめ、またもちろん初級、中級の方にも乗りやすいライトハンドリーフブレイクです。

時をわすれ4時間ぶっ通しで波にのり、真木さんは水中ハンターとなり、皆各々時間を過ごして1日目を終了。美味しい村食+SPビールを飲み、トゥピラ村での滞在を満喫しました。その2に続く。。

ツアー会社: エス・ティー・ワールド
地図を拡大する

大自然でのトレイルランニングキャンプ! はだしランニングトレーニングツアー in パプアニューギニア 最終日

4日目:

いよいよ帰国です。マダンからポートモレスビーに国内線で戻り、買い物&中華を食べた後、成田に帰国。行きも帰りも6時間半ほどのフライトで時差もなく快適なフライトでした。

4日間という短いパプアニューギニア体験でしたが、走るトレーニング以外に色々感じ取れた旅だったと思います。やはりパプアニューギニアでの村体験は今でも忘れられません!また来年このツアーがあったら是非参加したいと思います!

Tenkyu Tru PNG!!

ツアー会社: エス・ティー・ワールド

大自然でのトレイルランニングキャンプ! はだしランニングトレーニングツアー in パプアニューギニア 3日目

3日目:

この日はまたハヤ村に。もう村の人ともお友達。午前中は白方コーチのクリニックと、ニューバランスの戦闘力テストを実施しました。そのあと、ジャングルツアーへ。薬や塩として使う樹木や、タロイモ畑、マンゴーやパイナップルをその場でとって食べたり、ココナッツヤシをとって飲んだり…。ジャングルの中で暮らすパプアニューギニアの人々の暮らしを垣間見せていただきました。 その後、スポーツ交流プログラムとして現地の子とランニングを通じて、交流しました。小学校の校庭の芝生をトラックの用に芝をかり、コースにしました。ここを「NBフィールド」と名付けて、「走る」文化を参加者みなで伝えてきました。

走るフォームがきれいな子も沢山いて、日本とパプアニューギニアスポーツ交流を素朴な村で行えたことは参加者みな何か意義を感じているようでした。このような交流が継続してできるといいなあーと思いました。

村を後にしてホテル到着後は、船を貸し切ってシュノーケリングへ。夕日をバックに時間をわすれて手つかずの大自然=海の中を楽しみました。

夜はお決まりのごとく、SPビールにシーフードBBQと最終日のマダンを飾る素晴らしい献立でした!!4日目につづく。。

ツアー会社: エス・ティー・ワールド

大自然でのトレイルランニングキャンプ! はだしランニングトレーニングツアー in パプアニューギニア 2日目

2日目:

この日は実際にトレイルを走る日でした。どこにそんなトレイルがあるのかな?と思ったら、「では今から村にいきます。」とニューバランスのスタッフがいうではありませんか!車で走る事30分、「ハヤ村」という本当に素朴な村に到着しました。村人30人くらいが出迎えてくれて、シンシンという村の伝統的な踊りで暖く迎え入れてくれました。この時点ですでに「ウルルン」は完了しちゃった感じで、参加者皆感動してました。

ハヤ村についてすぐ例の股関節を延ばすストレッチ(その後日本でもやってます)等をして、村の芝生の上で丸太を越えて行くトレーニング、坂を昇るトレーニング等をミニマスをはきながら行った後、いよいよ11キロのトレイルランニング=メインイベントの開始。大自然を走ることに気持ちをどきどきさせられましたが、何よりも村の方がとても暖かく「俺たちも一緒にはだしで走るぜ!」といわんばかりにスタンバっている姿が今でも思い出されます。

白方先生を先頭に村を越え、川をこえ、そして山を越え、そして丸太を越え、そして犬もついてき、本家はだしローカルも負けじと一緒に走るわで、ゴールの小学校では全校生徒のお出迎えと涙が出る感じの11キロ。参加者全員が完走できたことと、パプアニューギニア人の生活、暖かさにふれながらトレランができたことは思い出を通り越して、まだ体に染み付いています。

ホテル到着後はお決まりのごとく、SPビール、夕食、そして星空雑談と幸せの時間を過ごしました。3日目につづく。。

ツアー会社: エス・ティー・ワールド

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

ページの先頭へ