takassimo さんは
パプアニューギニア・ファンを利用しています!

あなたも、takassimo さんのようなページを簡単に持つことができます。

参加する

takassimo

絶対に忘れられない場所:フィシャーマンアイランド(漁師島)その1

先日ポートモレスビー市内から船で30分ほど行った「フィッシャーマンアイランド」に行く機会がありました。
このフィッシャーマンアイランドは、島の人口が約1,000人くらいの2つの民族から構成されているそうです。

まず一言でいうと、島の美しさは「素晴らしい」、「美しい」などの形容詞をならべて表現ができなくらい
本当に素晴らしい場所でした。

島の人の暮らしはお互いに助け合い、その日に必要な魚だけを取り生活をしているような自給自足スタイルでもあり、
「ここの人は何もストレスがないのだろうなあー」と思わされる瞬間が数えきれないほどありました。

素朴とはまさにこのことで、1分1秒が貴重な体験でした。

島ではおもてなしの料理が振る舞われ、揚げたお魚、タロイモ、ご飯、パパイアなどのフルーツと
自然の味を楽しみました。

島の周りを案内され、島の奥にあるビーチにも連れて行ってもらいました。

そこは別世界の空間で、目の前の夕日、何も汚れていないビーチ、そしてブルー緑みたいな海、何をとっても
日本では体験できない空間がそこにはありました。

島のプロジェクトとして今後民宿をたて、旅行者にも島の存在をしってもらいたいと考えている若者の情熱が
いつの日かかなう日が来るといいなと思ったのも事実です。

今後島の発展が彼らの進め方で、またすすみ方でされることを祈りつつ島を後にし、「またくるぞ!!」と
島の人に約束したのはいうまでもありません!

またいつの日か「あの空間」を味わいに島に戻る事ができればと常に思っています。

地図を拡大する

エアーウェイズホテルの昼食

よく知人に「パプアニューギニア」では何が食べれるの?ときかれます。答えは至って簡単で、ホテルでは基本的に
日本で食べれるものが食べれます。

この日の昼食はエアウェイズホテルのレストランで、チキンバーガーを頼みました。
味も十分なほど美味しく、ポテト、そしてこのレモンスカッシュ「SOLO」とコンビネーションは
常夏のパプアニューギニアではおすすめです。

私の友人は、その日のセットランチ「ビーフン」を食べておりました。そちらも美味しそうでした。

今度は是非「村食」を食べてみたいと思っています!

地図を拡大する

パプアニューギニアの通貨=キナ

先日パプアニューギニアに仕事でまた行ってきました。良く聞かれることなのですが、「パプアニューギニアの通貨は何?」ということです。

通貨は「キナ」といって1キナ=42円くらいです。(現在2012年5月)

色々試した結果、両替は空港内に2カ所ある両替所が一番良さげです。ポートモレスビーのホテルでも両替(地方は円からキナはほぼ不可能です)が
できますが、レートが空港より悪く、空港かもしくはクレジットカードによりANZ銀行のATMから現金を引き出すのだ得策のようです。

キナの紙幣はオーストラリアの紙幣と一緒で、洗っても水に強く、破れたりしない性質になっております。

世界の通貨コレクターの中でもかなり貴重な通貨:キナはパプアニューギニア国内どこでも扱われるお金です。

地図を拡大する

何といってもエアウェイズホテル (朝食編:アラカルトメニュー)

エアウェイズホテルの朝食はブッフェかアラカルトメニューから選べる形式になってます。この日の朝はブッフェをやめて、アラカルトメニューからパンケーキ(日本でホットケーキ)を頼んでみました。

3種類のシロップ&ジャム&クリームにつけて食べれるとても洗練されたパンケーキという印象をうけました。

味はというと、正直美味しいを通り越して素晴らしかったです。目の前がエアポートの滑走路ということもあり、
優雅に朝食をとれるエアウェイズホテルは本当におすすめです。

地図を拡大する

何といってもエアウェイズホテル (朝食編)

エアウェイズホテルでの朝食は、目の前が空港滑走路であり、飛行機の離着陸を眺める事ができある少し小高い場所になります。

朝食メニューはブッフェとアラカルトから選ぶ事ができ、日本円で約2000円ほどです。

初日はブッフェを頂きました。メニューはサラダバー、フルーツバー、そしてスープ、メインディッシュが3つほどありボリューム的には
まったく文句のつけようがない内容でした。

味はというと、想像以上に美味しく、特にフルーツはフレッシュなものばかりで、そのしぼれたてのジュースも飲めます。

ロケーションといい、味といいかなり高いクオリティーで、滞在者皆朝からパプアニューギニア&エアウェイズの洗礼を受けた感じでした。

地図を拡大する

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

ページの先頭へ