takassimo さんは
パプアニューギニア・ファンを利用しています!

あなたも、takassimo さんのようなページを簡単に持つことができます。

参加する

takassimo

ワリンディプランテーションリゾート(食事編)

旅の楽しみはやはり食事である。ここワリンディプランテーションリゾートでは朝はトーストと好みの卵料理(スクランブルエッグ、目玉焼き、オムレツ等を選べます)、ダイビング中の昼は船の上でサンドイッチ、夜は日替わりでブッフェ式に食事がとれます。

特に夜は色々なメニューがあり、宿泊者を喜ばしていました。スープから始まり、肉、魚、パスタ、サラダ、芋類、フルーツ、そして最後にデザートと至れり尽くせりのバリエーション。味もすべて美味しく、日本食なんてまったく恋しくなることはありませんでした。

是非友人のダイバーにもこのリゾートを紹介してあげようと思います。

地図を拡大する

ダイビングの後の無人島ピクニック(レストフ)

今日の午前中はバラクーダなどの見れるポイントでダイビングをしてその後、昼食時に無人島ピクニックにでかけました。

レストフという直径100mくらいの無人島で余りの水のきれいさでサンゴが透き通って見えていました。参加者一同美味しい昼食を食べながら、緑色をしたビーチに飛び込んだり、島を探検したりとサイバーの気分で遊びました。

ビーチ横のサンゴ近くにはナポレオン等の魚もおり、シュノーケリングでたくさんの魚を見る事もできました。

ある意味「贅沢な旅」を体験してしまい、満足度ラインが上がってしまった感じです。ワリンディーに訪れる時は是非この無人島ピクニックを忘れずに!

地図を拡大する

キンベの街(プラプラと)

"先日キンベ湾のワリンディープランテーションリゾートに宿泊していた時に、キンベの街に行く機会がありました。

街にはスーパーマッケートや中古品が売ってある電気店、スポーツ用品などがありました。街を歩いている人たちも
「ゆっくり」と生活している感が満載で、見ているだけで少しほのぼのしました。

僕らが行った時はちょうど昼食時だったので、街のフードコートらしきところでチャーハン&チキンをテイクアウトしました。

ここキンベにも中国系の方がおり、小さいレストランを経営したりと「世界に中国人あり」という感じで商売しておりました。

肝心の味の方はというと、これまたもの凄く美味しく、4.5キナ(日本円で200円ほど)でかなりのボリュームのあるランチを
頂きました。

ホテルの食事に少し飽きたころには、街で中華のテイクアウトなんていいかもです。"

地図を拡大する

どこまでも続くパームオイル林(キンベ湾均衡)

今日は車を1日に借りてホテルのスタッフに大自然を案内してもらいました。空港からワリンディーまでの道中でも気になっていたのですが、キンベにはどこまでも続くパームオイル林があります。

聞く所によると、パプアニューギニアのパーム油の輸出は世界2位か3位とのことで、その殆どがここキンべからの生産らしいです。高さ10mほどのパームオイルの木が規則的に生えており、その壮大さ、巨大さは言葉になりませんでした。

「手つかずの自然が残るパプアニューギニア」とよくいわれますが、まさにことだと思った瞬間でありました。

ワリンディープランテーションリゾート(キンベ湾):サンライズ編

先日、ニューブリテン島のキンベ湾にある「ワリンンディープランテーションリゾート」に宿泊しました。キンベ湾は「隠れ家ダイビングスポット」としても世界のダイバーにも有名で、僕らが泊まっていた時も、イタリア人、ドイツ人、オーストラリア人と国際色豊かなゲストが宿泊してました。

大自然の中に建てられたロッジ風のホテルには、ダイビング施設、優雅の食事が取れるレストランと至れり尽くせりの環境です。

その中でもおすすめは、なんといっても目の前の海からのぼって来る「朝日:サンライズ」だと思います。

その美しさは言葉にならないくらい綺麗で、暫く言葉を失いました。

ワリンディープランテーションリゾートに宿泊される方は是非この「サンライズ」をお見逃しなく!

地図を拡大する

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

ページの先頭へ