hata-yoko さんは
パプアニューギニア・ファンを利用しています!

あなたも、hata-yoko さんのようなページを簡単に持つことができます。

参加する

hata-yoko

マスクフェスティバル【バイニン】

私の、マスクフェスティバルでの一番のshowは、一日目の夜にステージを変えバイニン族の集落で行なわれた『ファイヤーダンス』だ。

メイン会場から車で一時間近く、山の奥深くでメラメラと火柱がたち、そのまわりでとんぼのようなお面を被ったバイニンが踊り続ける。

部族の男達が、太鼓のような楽器と歌声で高揚を誘う中、完全なトランス状態の新成人の男性たちは、火柱の中に躊躇いもなくつっこんでいく。

驚くことに、彼らは全員裸足である!!!
クレイジー・・・。
バイニンは理由はよくわからないが蛇と密接な関係があり、ファイヤーダンスの時にも部族の少年が蛇を片手に歩き回り、その蛇を翌朝ムームーの中に入れて食べるらしい。

それから驚いた事がもうひとつ、なんとバイニンが赤ん坊を抱きかかえ火に飛び込んで行く。

日本でいう、健やかに育ちますようにといった願いが込められているのだろうが、これには驚いた。

あと本当に、民族の音楽がすばらしい。
なんにしろ、私もかなり高揚してしまい、私の中のナンバー1ダンスとなった。

マスクフェスティバル【衣装】

マスクフェステバルで注目されたが、それぞれの部族の個性的な衣装と化粧だった。
どれも黒い肌に映えて美しい。
男達の身体は筋肉が美しく盛り上がり、滴る汗が太陽の光に光って黒光りする。

同じ民族の中でも、個人個人で着こなし方が違う所にも注目。

マスクフェスティバル【顔】

マスクフェスティバルで私が一番写真に撮ったもの、それは男達の『顔』だった。

力強い真剣な眼差し、高揚した目、時には威圧するような表情、どれをとっても民族の誇りに満ち、ほんとうにかっこよかった。

自分たちの部族への誇り、民族間の団結力を、見せつけられたような気がした。

ナショナルマスクフェスティバル!

毎年七月にココポで行なわれる『ナショナルマスクフェスティバル』に行ってきました!
これは、仮面をつけた部族が各地から集まりそれぞれの部族のダンスを三日間踊り続けるという、なんとも興味深いイベント。
互いの部族の力や結束を周りの部族に見せつける恰好の機会であり、公共の場で披露することで伝統を固持することにもつながるらしい。
そして、部族のこのイベントの最大の意味はイニシエーション(成人の儀式)である。
主役は成人する男性であり、それはマスクをつけることで外部にはもらしてはいけない秘密となる。
成人男性は部族によって違えど、長い所では一ヶ月の断食、それぞれの修行、洗礼を受けこの日を迎える。
この日の新成人はもう完全なトランス状態。
見ているこっちまで、高揚する。

その新成人を盛り上げる、部族の男たちの力強いダンス、歌声、音楽、そしてそれぞれの個性的な衣装と化粧。
どれをとっても最高のフェスティバル。

この日この場に居合わせた事に感謝する。

マスクフェスティバル【キナバイ】

マスクフェステバルのメインイベント、それは朝日とともに始まるトーライ族のキナバイの儀式だ。

通常、マスクフェスティバルはメイン会場(有料)のメインステージで行なわれるが、国民的人気のトーライ族『トゥクトゥク』のキナバイの上陸の儀式だけは無料で観覧できることもあり、海岸には日本の花火大会のように、老若男女人々が押し寄せる。

当日は、曇り空の下、幻想的な海から遠く遠くやってきたトゥクトゥクは、船の中から激しく踊りだし、上陸してからの浜辺のダンスで最高潮となる。

トーライ族の男達の興奮もさることながら、観客の人々の熱気もすごい。
トゥクトゥクも可愛らしい風貌とは裏腹に、激しいダンスを踊り続ける。
トゥクトゥクは中に誰が入っているのか、それは絶対に口外してはならない秘密であり、秘密結社なのである。

この日のために、長い間断食を続けた新成人の、イニシエーションに注目が集まる。


ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

ページの先頭へ