パプアニューギニアの特集

ホーム >  パプアニューギニアの特集 >  パプアニューギニア社会の縮図、ワントクとは?

パプアニューギニア社会の縮図、ワントクとは?

"世界中で最も言語の豊富な国"と言われるパプアニューギニア。英語とピジン語を公用語としながらも、部族の数だけ言語が存在し、その数はなんと800以上とされています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

-

"世界中で最も言語の豊富な国"と言われるパプアニューギニア。英語とピジン語を公用語としながらも、部族の数だけ言語が存在し、その数はなんと800以上とされています。手つかずの熱帯の自然の中には、誇り高いプライドを持つ部族たちが自給自足で暮らしています。この国には私たちが失いかけた美しい伝統が、今なお色濃く生きているのです。今回は、まだまだ知られざる国パプアニューギニアの魅力と秘密、最新の情報、実際に体験した人の声など、ここだけでしか明かされないトピックをお届けしていきます。

この国を理解する上では欠かせないWANTOK(ワントク)についてご紹介します。「ワントク」とは、英語のone(ワン)talk(トーク)に由来するピジン語で、同じ言葉を話す集団を意味します。多様な言語を話す民族がひしめくこの国パプアニューギニアでは、同じ言葉を話し、同じ部族出身であることによる帰属意識、平等意識が非常に強く、同じ部族=家族という図式が成り立ちます。ワントクの中では安全が確保され、互いに手厚い援助を行う義務があります。古風な村の社会だけでなく、近代化された首都ポートモレスビーでも、"ワントクの助け合い精神"は至る所で見られます。ある日突然失業して家を無くしても、食費や生活費、ましてや住居まで、同じワントクが面倒を見てくれます。血縁関係はなくても同じワントクであれば、学費だって出してくれるし、ワントクの縁故で学校にも入学出来たり・・・。ワントクはパプアニューギニア社会の縮図とも言えるのです。

格差もない、飢えや貧困の心配もない、一見するとすばらしい社会システムに思えるかもしれません。しかし、行き過ぎるのもやや問題あり。ワントクからの依頼には「ノー」と言えない暗黙の了解があるし、プライドが高いがゆえに自分のワントクが傷つけられたら、大変なことに・・・。「同等の報復を加えるべき」という掟により、異なるワントク間の闘争に発展することも少なくないのです。
もともと大家族や村社会の伝統を持つ日本人は、この相互扶助の習慣を少しは理解出来るかもしれません。でも"助け合いの精神"もここまで来ると、おせっかいを超えてありがた迷惑?良くも悪くも、この国には「ワントク」が根強く生きているのです。

関連クチコミ:

マウントハーゲン - ハーゲン・ショー その1

マウント・ハーゲンはハイランド地方を代表する都市。パプアニューギニア国内で第3の規模を持つそうだ。中でも観光のメインは、8月に行われる「ハーゲン・ショー」だろう。 会場は空港の隣にあるラグビー場なのでアクセスは抜群。とはいえホテルは市内なので、街へ。パプア大3の都市というけれど、すごくのどか。ちなみに治安はあまり良い方じゃないとのこと。ハイランド地方の人はプライドが高く好戦的なので、現在でも部族の争いが時々発生する。とはいえ観光客が巻き込まれることはまずないのでご安心を。 翌朝、ふたたびラグビー場へ。ゲート付近は人だかりができていてちょっとしたカオス状態。会場のまわりでは衣装に着替えたり原色系のお化粧をしたりと、色々な部族が準備しているので見て回ると結構面白い。ちなみに高地ニューギニア人はよりアボリジニに近い、ダークブラウンの肌をしている。 まずは開会式。多分主催者とか知事とかが挨拶をしている。ゲートの外では正装に着替え、出番を待ちきれない部族が歌いはじめたりしていて騒がしい。今回、外国から訪れたのは約150人ほどと、驚くほど少ない。フェスに集う部族の数は数十、参加者は1000人はいると思われるので、見物客よりも圧倒的に多いということになる。観光客のために、簡素ではあるけれど客席が組まれているので、ゆったり座って鑑賞ができる。客席から望遠レンズで写真を撮っている人も多いけれど、ラグビーグラウンドに入って部族と間近で遭遇しつつ写真を撮ることも自由。僕はもちろん後者を選択。 続[投稿者:numaさんのクチコミ]


この特集のクチコミ地図情報

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。クチコミ先の情報の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

今のポートモレスビー

天気
気温:27℃
湿度:79%
現地時間
冬でもSUP!Jeep®オーナーの藤村育三さんが企画する本物のアドベンチャートリップ

パプアニューギニアへのツアー

もっと見る≫

ページの先頭へ