パプアニューギニアの特集

ホーム >  パプアニューギニアの特集 >  求愛ダンスに誘われて~バード・オブ・パラダイス~

求愛ダンスに誘われて~バード・オブ・パラダイス~

鳥たちの楽園、パプアニューギニア。生息する800種のうち、約半分が固有種といわれ、世界でも類を見ないバードウォッチングのメッカとなっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

-

■求愛ダンスに誘われて~バード・オブ・パラダイス~

鳥たちの楽園、パプアニューギニア。生息する800種のうち、約半分が固有種といわれ、世界でも類を見ないバードウォッチングのメッカとなっています。

この国でしか見ることのできない多種多様な鳥の中でも、特に人々の心を惹きつけてやまないのがフウチョウ(風鳥)。極楽鳥とも呼ばれ、国旗に描かれていることからも分かる通り、パプアニューギニアの人々は古くからこの鳥を神聖な存在として崇拝してきました。39種いるとされる極楽鳥はそのどれもが鮮やかな色に彩られています。オスは美しい飾り羽を持ち、その長さはなんと1mにも及ぶ種もあるほど。生存競争の激しい自然界で、ここまで目立つ姿をまとい続けることができたのは、天敵がいなかったために身を隠す必要がなく、豊富な食べ物に恵まれた居心地のよい環境下で子孫を残すことに専念できたからと考えられています。

極楽鳥の最大の特徴は、オスの求愛行動。オスは繁殖期になると、優雅で激しく、そしてコミカルなダンスでメスの気をひくのです。羽を広げ飛び跳ねたり、逆立ちをしてみたり、歌を口ずさんだりと、思い思いに魅惑のダンスを繰り広げます。その舞台となる踊り場を事前に掃除する極楽鳥もいるのだとか。オスはその美貌と涙ぐましい努力を経て、ようやくメスの心を射止めるのです。

ジャングルに暮らす極楽鳥の生態は、未だ多くの謎に包まれたまま。パプアニューギニアを旅する中で、幻ともいわれるその姿に出会う機会に恵まれたら...。それは極楽鳥がもたらす幸運の証かもしれません。

関連クチコミ:

タリ - タリでバードウォッチング

ハイランド地方のタリでは極楽鳥観察が可能です。タリを訪れる人はほとんどがアンブア・ロッジ(Ambua Lodge)へ宿泊することになると思いますが、このホテルでツアーをアレンジしてくれます。 出発は早朝。4WDで15分も走るとガイドさんが「あそこ!」と指を差して教えてくれます。このとき観察できたのは白いからだを黒い羽根で覆い、体の一部が黄色やオレンジ色という、非常にシックな極楽鳥でした。カラフルな極楽鳥もいいですが、こういう渋い配色の極楽鳥もクールです。結局2時間ぐらい観察する間に10羽くらいが現れました。ガイドさんが「100%出会うよ」と豪語するのも頷ける高確率で、最後は極楽鳥を見かけても何の感動も覚えなくなるほどでした(笑)。 もしも写真に収めたいという人は、最低でも600mmのレンズが必要と思われます。自然の生き物だけあり警戒心は高いのであまり近づけません。200mm程度のレンズでは小指の爪くらいにしか映りませんのでご注意を。[投稿者:numaさんのクチコミ]


この特集のクチコミ地図情報

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。クチコミ先の情報の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

今のポートモレスビー

天気
所により曇
気温:31℃
湿度:62%
現地時間
冬でもSUP!Jeep®オーナーの藤村育三さんが企画する本物のアドベンチャートリップ

パプアニューギニアへのツアー

もっと見る≫

ページの先頭へ