パプアニューギニアの特集

ホーム >  パプアニューギニアの特集 >  神秘とロマンの宝庫、セピック川の旅【後編】

神秘とロマンの宝庫、セピック川の旅【後編】

セピック川流域には土着の文化を継承する小さな村落が点在し、それぞれ異なる部族が暮らしています。この地域で特徴的なのは、森羅万象に精霊が宿るとされる精霊信仰の存在です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

-

大人のロマンがちりばめられたセピックの旅。今回も引き続きその魅力をお伝えします。

セピック川流域には土着の文化を継承する小さな村落が点在し、それぞれ異なる部族が暮らしています。この地域で特徴的なのは、森羅万象に精霊が宿るとされる精霊信仰の存在です。その象徴ともいえるのが精霊の家「ハウスタンバラン」。ポートモレスビーにある国会議事堂のイメージにもなったこの建築物は、全ての精霊が宿る神聖な場所です。その外観や内装は村により異なりますが、共通して会合や儀式が行われたりと村の様々な役割を果たしています。特に成人を迎える男子にとっては通過儀式を行う重要な場所です。ハウスタンバランは女性の子宮だと考えられていて、そこでイニシエーションを受けることで一人前の男として生まれ変わり、部族の一員として認められるのです。原則女性や他部族の立ち入りを厳しく禁止していますが、一部のハウスタンバランでは観光客は入ることが認められています。

精霊信仰が生む彫刻や仮面などのプリミティブアート(原始美術)鑑賞もセピックの旅の醍醐味といえるでしょう。実はこれらの芸術品、世界的に芸術性が高く評価されており各地で高額されています。一度見たら忘れられないほどのインパクトを持つユニークなデザインの多くは彼等の信仰や精霊を具象化したもの。信仰する動物などがモチーフとなって描かれているので、部族によってその違いを発見するのもおもしろいでしょう。

セピックに息づく神秘的な世界を垣間みるには、村々をカヌーで巡るビレッジツアーに参加するとよいでしょう。太古からの伝統が根強く残る一方、西洋から入ってきたキリスト教の影響により独自の文化が失われつつある場所もあります。現存のセピックの姿を体感することはきっと貴重な体験になるに違いありません。

記事:パプアニューギニア政府観光局

関連クチコミ:

セピック川 - 観光 - ハウスタンバラン

ハウスタンバランを見ずしてセピックは語れないでしょう。彼らの精霊信仰のよりどころであり、文化的ランドマークだからです。ポートモレスビーの国会議事堂もハウスタンバランをイメージして作られているほどですから、パプアニューギニアを代表する建築と考えていいはずです。 ハウスタンバランは部族の男にとって重要な場所。そこで成人になるための痛みを伴う通過儀礼を受け、部族の一員になるための様々な教育が施されるからです。セピック流域に数多いワニ信仰の場合、男たちはある年齢(15歳前後)に達すると、ハウスタンバランの2階に集められ、鋭く尖った竹で体中を傷つけられます。血まみれになりあまりの痛さに気絶し、やがてその傷が突起となって体に刻まれるころ、彼らは一人前の男となるのです。 川を航行している村に近づくと、まず目に入るのがハウスタンバランの屋根。集落の他の家屋と同様、木の柱と梁で形作られ、パンダナスなどの葉を安で作られた壁に覆われます。普通の家屋の数倍の大きさがあり、ヨーロッパの大聖堂のようなランドマーク的存在です。屋根には精霊をかたどった木像やマスクがちりばめられていて、その様子はさながら「金のしゃちほこ」といったところでしょうか。近くで見ると威圧されるほど見事な建築物は、風の影響で20年程度が寿命だとか。定期的に立て替える聖堂といえば、伊勢神宮を思い起こさせます。 本来なら部族以外のものはハウスタンバランへ入ることが許されません。ただし観光客の場合は別。観光客を受け入れている村は異文化に対してオープンですから、彼ら固有の精霊信仰や歴史について積極的に解説をしてくれます。ただしキリスト教かが進むセピック川流域で、ハウスタンバランは次第に重要性を失い、損壊が進みつつあるというのが現実です。建物の一部を訪れた観光客に切り売りする行為も問題視されています。つまり私たちが訪れることのできるハウスタンバランは観光目的で保存され、現金収入のための道具として存在しているケースも少なくないのです。 精霊信仰に対するロマンと、固有の宗教を取り巻く厳しい現実。この両面を理解しつつ、ハウスタンバランを見物すると、セピックに対する知識がよりいっそう深まるでしょう。 それと、中に入るときは帽子を必ず脱ぐように。くれぐれも精霊に対して失礼のないように。[投稿者:numaさんのクチコミ]


この特集のクチコミ地図情報

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。クチコミ先の情報の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

今のポートモレスビー

天気
所により曇
気温:31℃
湿度:62%
現地時間
冬でもSUP!Jeep®オーナーの藤村育三さんが企画する本物のアドベンチャートリップ

パプアニューギニアへのツアー

もっと見る≫

ページの先頭へ