パプアニューギニアの特集

ホーム >  パプアニューギニアの特集 >  パプアニューギニア連載コラム「千変万化」

パプアニューギニア連載コラム「千変万化」

第一回 水中カメラマン・中村卓哉 パプアニューギニアの“この一枚”
このエントリーをはてなブックマークに追加

==============================================

こちらの写真は、ニューギニア半島の最東端に位置する秘境“タワリリゾート”周辺にある奇跡の海中景観である。

ここでは海まで迫り出した森の木々を太陽光が抜け、木漏れ日のシャワーとなって海中に降り注いでいる。
パプアを代表する人気スポットだけあって、私も初めて潜るまでにイメージは頭の中に描いていた。
しかし、百聞は一見にしかずとはまさにこのことか。
実際に潜ってみると想像を遥かに超えた神秘的な光景が広かっていた。

スポットライトのように降り注ぐ太陽光といえば、海中洞窟やクレパスなど世界中にメジャーな地形ポイントは無数にある。
しかし、タワリ沿岸は数キロに及ぶ海岸線の殆どが木々に覆われているため、浅瀬を進めばどこまでいってもこのような光のシャワーを体験出来てしまう。

さらに木々が風にそよぐ隙間を抜けてくるやさしい光は、海面の波の揺らめきの波長とミックスされ、まるで舞台照明演出のようなリラックス効果をもたらせてくれる。

中でも私のお気に入りは「コーラルガーデン」というポイント。
ここは木影になった浅瀬のサンゴ畑が美しく、太陽が木漏れ日を抜ける角度によってめまぐるしく明暗のトーンが変化する。

まさにフォトジェニック。

どのように「切り撮ろうか」、「露出はどこに合わせれば良いか」四苦八苦しながらも写真家魂がかなり揺さぶられた。

おまけにリーフエッジからは、木漏れ日を生み出す特異な沿岸部とサンゴ礁を半水面で写真に収める事が出来るのだ。

まるで海の撮影スタジオのように、撮影意欲を掻き立ててやまない実にウマウマな好ポイントなのである。

※「一度の旅で2つの海を欲張る!? パプアニューギニア“Two Faces of PNG”」を解剖した特集はこちら!

一度の旅で2つの海を欲張る!? パプアニューギニア“Two Faces of PNG” | オーシャナ
http://oceana.ne.jp/feature/papuanewguinea_twofacesof

中村卓哉(なかむら・たくや)
1975年、東京都生まれ。
10歳のときに沖縄ケラマ諸島でダイビングと出会い、海の虜になる。
現在、フリーランスの水中カメラマンとして新聞や週刊誌などにコラムを掲載。
講演や写真教室などの活動も行っている。
主な著書に『わすれたくない海のこと 辺野古・大浦湾の山・川・海』(偕成社)、『海の辞典』(雷鳥社)などがある。

関連クチコミ:

1日が24時間以上ある“本気の隠れ家”、タワリ・リゾート

日本から首都ポートモレスビーまでおよそ6時間半。 さらに、国内線に乗り継ぎ、ミルンベイの空港から1時間半バスに揺られ、途中アロタウの街を通り、船に乗り込みやっと到着するのが「Tawali Resort(タワリ・リゾート)」。 パプアニューギニアの最東端に位置し、リゾートができるまでは、クルーズでしか来ることのできなかったまさに秘境の地。 桟橋に上陸すると、この海を気にいったオーナーが無理やりリゾートを作ったというだけあって、周りは緑と海しかなく、秘境ムードたっぷり。 それにしても、すごいところにリゾートを作ったもんだ。 僕はずっと考えていた。 「パプアニューギニアの魅力ってなんだろう?」 正直なところ、ツアー料金はそこまで安くはない。 それでもパプアニューギニア・フリークは、毎年のようにパプアニューギニアに帰ってくる。 3日間のタワリ・リゾート滞在がその秘密を教えてくれた。 それは、“本気の隠れ家”とでも言うべき独特の空気感、雰囲気。 タワリはいつでも人が少なく、時間の流れが遅い場所。あるいは止まってしまったような場所。 足早に休日を過ごし、観光を詰め込むのではなく、喧騒から離れてのんびりまったりダイビングを楽しみたい人が集まるリゾートだ。 すべてのパプアを知っているわけではないけれど、原始的な緑の森と海で過ごす24時間以上ある時間。 こういう目に見えない、地球に抱かれるような感覚がパプアニューギニアの魅力なのかもしれない。[投稿者:Hideki Terayamaさんのクチコミ]


この特集のクチコミ地図情報

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。クチコミ先の情報の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

今のポートモレスビー

天気
所により曇
気温:31℃
湿度:62%
現地時間
冬でもSUP!Jeep®オーナーの藤村育三さんが企画する本物のアドベンチャートリップ

パプアニューギニアへのツアー

もっと見る≫

ページの先頭へ