このエントリーをはてなブックマークに追加

観る | ラバウルの旅行のクチコミ

ボルケーノ③

火山を下りると、下にはオレンジ色に染まった、浜辺があります。

そこは温泉というかホットスポットで、海から湯気が立ち、地面からはぐつぐつと熱湯が湧き出ています。
あまりにオレンジ色の岸壁と、後ろの山の緑、そして海と空の青がとても綺麗です。

地元のひとはここに卵を入れて食べるんだとか。
日本と一緒ですね。
そんなわけでラバウルは温泉の宝庫!
私は今回は行けませんでしたが、旅で疲れた身体を、温泉で癒してみたらいいのではないのでしょうか。

ボルケーノ②

火山の頂上に着いて、思わず『おおおおおおー!』とみんな声をあげました。
想像以上に大きくえぐられた穴!
近づくのが怖いくらい、崖のようです。
周りには、硫黄の匂いが立ちこめ、断崖絶壁は硫黄でまっ黄色。

湯気がもくもくと立ち、雰囲気を醸し出しています。

そして後ろを振り向くとこれまた絶景~
オレンジ色の海岸と、緑の海、青い海、どこまでも広がる青い空!
上まで登った甲斐が、ありました!!!

ボルケーノ①

1994年に噴火したダヴルヴル山、その頂上に行ってきました。
観光地とはいっても全く開発されておらず、手つかずの場所です。
火山が噴火しないかと行くまではひやひやでしたが、火山に行くまでの道中でそんなことはすっかり忘れました。笑
船で近くまで行くのですが、その気持いいことといったら!
ずっと乗っていたいくらいでした。

近くに着いて、頂上までの歩く間、あまりの絶景にあんぐり。
歩いてみて、あまりの傾斜にびっくり。
かなりハードです。
でも歩きながらの景色は絶景!
足元には、溶岩がたくさんありました。

ここに行く時にはトレックングシューズがいいと思います!

アロー!

アロー!というのは、ピジン語で、『 Hi ! 』という意味。

街中を歩いていても、
車に乗っていても、
パプアのひと達は、外国人の私たちに笑顔で『アロー!』と話しかけてきてくれます。
思い切り手を振ってくれたり、立ち上がって手を振ってくれたりします。

あなたも『アロー!』と挨拶をしてみてください。
すぐに仲良くなれるはず!

子供達の笑顔!

ここラバウルでも、子供達の無垢な笑顔は堪らなく可愛らしかった!
あちらこちらから飛び出てくる子供たち。
全員兄弟というから驚いた。
こんなにいたら、毎日楽しいだろうなぁ。
はじめはちょっとだけ警戒するような目線をおくってくるものの、
ニコっとわらってアロー!と言えば、はずかしそうに近づいてきて、最後にはすっかり私にもなついてくれた。
パプアの子供達は、底抜けに明るく、純粋無垢。
知らぬ間に、子供達にすっかり癒されていたわたし。


ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

パプアニューギニアへのツアー

もっと見る≫

今のポートモレスビー

天気
所により曇
気温:31℃
湿度:62%
現地時間
冬でもSUP!Jeep®オーナーの藤村育三さんが企画する本物のアドベンチャートリップ

ページの先頭へ