このエントリーをはてなブックマークに追加

観る | ポートモレスビーの旅行のクチコミ

  • 投稿者:hkppw
  • 2014-08-11 11:31

パプアニューギニアからの贈り物

今回は、パプアニューギニアの日本に対する思いやりについて紹介します。

2011年3月11日に東北を襲った東北地方太平洋沖地震。国内の観測史上でも最大級の地震で、日本だけでなく世界中でも被害の様子は放送され、大きな衝撃を与えました。そのような状況下で、台湾からの義援金のニュースは連日大きく取り上げられて、台湾の日本に対する思いやりに感動した方もたくさんいらっしゃるはずです。

一方で、パプアニューギニアから日本へ義援金が届いていたことを知っている方は少ないのではないでしょうか。パプアニューギニアから日本赤十字社に送られた義援金は約3.3億円。たしかに、アメリカから送られた約30億円と比べれば少ない額かもしれません。
ただ、日本の人口の約20分の1(約700万人)の人口で、日本のGDPの約40分の1(約150億ドル)のGDPであるパプアニューギニアにとっては、かけがえのない額であったと思います。実際に、対GDP比での義援金の額では、パプアニューギニアはモンゴルに次いで世界第2位でした。

海を越えて届いたパプアニューギニアからの日本への思いやり。この友好関係は今後もしっかりと大切にしていきたいですね!

  • 投稿者:hkppw
  • 2014-02-28 20:51

飛行機での過ごし方

今回のパプアニューギニア旅行では、飛行機での時間も貴重な思い出の一つです。

機内では飲み物や機内食の他に、お菓子も出たのですが、
このお菓子がとても美味しくて、ハマってしまいました。
中でも、緑の袋のスナック菓子は甘酸っぱくて、とても美味しかったです。

そして、なんといっても欠かせないのが飛行機から見る景色ですね。
緑豊かな大地、青く輝く海、そしてオレンジ色に染まったサンライズ。

目に飛び込んでくるすべての景色がとても印象的で、パプアニューギニアの自然の美しさを感じました。
地上では見られない壮大な景色が広がっているので、ずっと見ていても飽きませんでした。

そのせいで一睡もできず、飛行機から降りた後はクタクタ。
飛行機に乗る際は美しい景色に夢中になり過ぎて、睡眠不足にならないように注意しましょう!

  • 投稿者:akimaru
  • 2014-01-11 20:45

エメラルドグリーンの海とホワイトビーチ

珊瑚に囲また島、フィッシャーマンズアイランド。
ポートモレスビーから水上タクシーで2、30分のところにある。
フィッシャーマンズアイランドには、まだほとんど知られていない
素敵なプライベートビーチがあります。

エメラルドグリーンの海と白いビーチが続くプライベートビーチで
島民と、ごく一部の人しかこのビーチは知らないそうです。

海の透明度も美しく、波打ち際で横になりながら、
ぼーっと青い空を眺め、日頃のストレスを忘れられる素敵な場所。

1、2キロも続くホワイトビーチには、人は数人しかおらず、
とても贅沢な経験をすることができました!

地図を拡大する
  • 投稿者:akimaru
  • 2014-01-11 20:34

フィッシャーマンズアイランド

ポートモレスビーから水上タクシーをチャーターして
向かったのは、フィッシャーマンズアイランド。
地図上は、ドーゴ島となっていますが、
地元の人たちは「フィッシャーマンズアイランド」と呼んでいます。

もともと無人島で、いつしか人々が住み着き、自給自足している島。
島民は、とても穏やかで素敵な人々ばかりでした!

この日はちょうど、島にある教会を立て直した記念のイベント中
ということでたくさんの島民の人が広場にいました。

いやーとても素敵な島でした!

地図を拡大する
  • 投稿者:akimaru
  • 2014-01-11 20:19

地元の人で大にぎわいの海への飛び込み場

ポートモレスビーから少し離れた、ある島へ行く際に、
ビーチから小さな水上タクシーに乗り込むと、うちらが乗船する船に
気付いた地元の子供たちが手を振ってくれた。

かなり距離があるが、
こちがカメラを持っているのが解っているらしく、
みんなかっこよく海に飛び込んでくれる!w

とても人懐っこい人たちが多い素敵な街です!

地図を拡大する

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

パプアニューギニアへのツアー

もっと見る≫

今のポートモレスビー

天気
所により曇
気温:31℃
湿度:62%
現地時間
冬でもSUP!Jeep®オーナーの藤村育三さんが企画する本物のアドベンチャートリップ

ページの先頭へ