ポートモレスビーの観光スポット | 旅行のクチコミ

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 国会議事堂

    精霊の家」をイメージして1984年につくられた国会議事堂の建物。 この美しい彫刻を見に観光客が訪れるスポットです。
    英語名:Parliament House Port Moresby

国会議事堂のクチコミ

歴史を感じる厳かな雰囲気

2012年7月に訪問しました 写真の入口の扉を開けると天井の高い静かな空間が広がります
入り口のカウンターに荷物を預け(カメラも預けます、内部の撮影は禁止とのこと)、
加えて「帽子をとってください。」と若干の注意を受けつつ説明を受けます。

国会議事堂のエントランスにはパプアニューギニアの歴史を物語る人物の肖像が並んでいます
また諸外国から送られた時計や壺などの宝物が展示されています 
その他パプアニューギニア全土で採集された昆虫が展示されておりこれは昆虫好きには非常に貴重なコレクションなのだろうと思います
(見たことのないサイズの昆虫がたくさんありましたので・・)

内部はそれほど広い空間ではありませんが壁面、天井に広がる装飾は厳かな雰囲気を漂わせています

階段を上がって更に内部に進むといわゆる議事堂に入ることができます。座席は扇状に広がっており、現地語、英語を始め
数カ国語に常時通訳されて傍聴することが可能なそうです。聞いたところ現在20前後の政党・グループがいるそうで、意外に
多いのだなと感じました
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_political_parties_in_Papua_New_Guinea

いつでも入れる訳ではないと思いますが、ポート・モレスビーからはアクセスしやすい場所だと思うので
パプアニューギニアに着いたらまず、足を運んでみるとよいのかなとおもいます。

国会議事堂 - ポートモレスビー

3年前にパプアニューギニアに行った時に、「精霊の家」をイメージしてつくられた国会議事堂の建物に行く機会がありました。まず外観ですが、「精霊の家」= ハウスタンバランをモチーフにしているということもあり外壁にプリミニティブアートが書かれていて、とても芸術的でした。

中に入ると(写真は取れない規則になってます)、中は4階建てほどになっていて、中央の階段を上ると、2階部分から国会討論をするホールを見る事ができます。2階から3階に行く途中の階段の脇には、過去の首相(Prime Minister)の写真が飾られていました。

私たちが行ったときは、国会は休止しておりましたが、熱いパプアニューギニア人の国会討論もいつの日が見たくなるほど魅力的な議事堂でした。時間があるときは、是非訪れたい観光スポットでしょう。


ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

今のポートモレスビー

天気
所により曇
気温:31℃
湿度:62%
現地時間
冬でもSUP!Jeep®オーナーの藤村育三さんが企画する本物のアドベンチャートリップ

パプアニューギニアへのツアー

もっと見る≫

ページの先頭へ