このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイビング | ポートモレスビーの旅行のクチコミ

まさかの体調不良にも万全に対応できるロロアタ島

ロロアタ島に宿泊、ダイビングを楽しんでいたある日、エキジット後に指先が痺れる現象に見舞われました。
島に訪れる前からかなりハードに潜っていたので「もしかして減圧症?」の文字がよぎりました。
無減圧内で潜ってはいましたが、だんだん心配になり気分まで悪くなる始末。

そんな時、リゾート側が万全の対応をしてくれました。

夜中にもかかわらず市内の病院まで搬送して頂き、医師に見てもらえることに。。
たぶん、減圧症ではなく、ガヤなどの生物に刺されたのでは?との診断になり、翌日、再度見てもらうことになり一旦島に戻ることに。
念のため、ダイビングサービスにある酸素ビンでしばらく安静にし、翌日再び病院へ。
症状は落ち着きだしていたため、減圧症ではないと判断されました。

万が一の場合にはチャンバーも設備されており、ダイバーには万全の装備が整っています。

病気や怪我などはしないことに限りますが、「もしも」の時には非常に頼もしい見方となってくれます。

絶景を楽しむために是非登りたい!

ロロアタ島には、島の頭頂部に登ることができる階段が設置されています。
ちょっとハードな斜面ですが(手すりも付いているので登れないことはないです)、頂上部からの眺めは最高です。
リゾートがほぼ一望でき、反対側はヒヤっとするほどの絶壁。

散歩道にもなっており、登ってしまえば普通に散歩することが可能です。
途中、ベンチなどもあるのでドリンクを持って上がり、雄大な景色を楽しんでみてはいかがでしょうか?

桟橋~サンゴ礁を楽しむハウスリーフ

ロロアタ島のハウスリーフは桟橋周辺、マングローブ域、砂地と三つのバリエーションが楽しめます。
一番生物も多いのいが桟橋周辺。
イワシの群れやミノカサゴ、ムサラメモンガラや汽水域の魚などが根付いているので、いつでも見ることができます。
そのまま沖へ向かい、砂地を抜け水深5m辺りになるとサンゴが点在するようになります。
ここにはテンジクダイ、マンジュウイシモチ、スパインチークなどダイバーに人気のある魚がかなりの数群れています。

透明度はあまりよくないものの、長時間楽しむことができます。
ただ、時間帯によってはボートが上を通るので要注意!

地図を拡大する

ちょっと変わったダイビングが楽しめるマングローブダイブ

ロロアタ島の周辺はマングローブで覆われています。
もちろん、ハウスリーフにもマングローブが生い茂っている場所があり、
普段とはまったく違ったダイビングを楽しむことができます。

そっと水底を見ると地味ながらここでしか見られないハゼや幼魚たちが大量に見られます。
水深も浅く(深くても5mほど)、じっくり潜ることができるのでフォト派には絶好の場所です。

ロロアタリゾート

ポートモレスビーより移動する事30分程のリゾート
ロロアタアイランドリゾート!

ここでは大きな珊瑚や人気ポイントのアヤコショウダイの群れる「スージーズボミー」や
ヒカリキンメを見に行くナイトダイブ、その他マクロは勿論ワイドまで、
幅広く心を踊らせてくれる海がある!

そんなダイビングを紹介してくれるのは愛嬌と人懐っこい現地ガイドの3人!
勿論海の中はしっかりガイディング!
面白いリゾート!是非とも足を運んでみては!

ツアー会社: 株式会社 ワールドツアープランナーズ

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

ダイビングのツアー

もっと見る≫

今のポートモレスビー

天気
所により曇
気温:31℃
湿度:62%
現地時間
冬でもSUP!Jeep®オーナーの藤村育三さんが企画する本物のアドベンチャートリップ

ページの先頭へ