このエントリーをはてなブックマークに追加

観る | マダンの旅行のクチコミ

  • 投稿者:Shimpei
  • 2012-09-18 14:10

テュピラのサーフィン

チュピラポイントに行くとおすすめしたい事があります。

朝イチの日の出を海の中から見るのです。
ここからの朝日は素晴らしく、波のフェイスに朝日の光がキラキラ☆☆って、とても綺麗です。
そこにいるだけで幸せになれる瞬間。

ありがたい。 その瞬間です!

ツアー会社: エス・ティー・ワールド
ツアー名: パプアニューギニア・サーフィン親善大使プロサーファー同行ツアー

大自然から教わる知性と創造

色々なポイントに波をチェックをしに行くと一人二人、地元の子が海に入っている。
サーフボードの形をした木で波乗りをしている姿を見かける。私たちサーファーが知るアライヤと言われるものだ。

私たちがサーフィンという文化を知るのは、知人からの情報もあるが、雑誌・テレビ・インターネット・携帯という情報ツールを使用して知る事が多い。しかしここに、その情報ツールはあまりない。

だとすれば、海を見ながら船みたいに遊ぶことは出来ないかな?と考え始め、それから木で試行錯誤して
木が浮きやすい材質はなんだろう?・乗りやすいまわりの形(アウトライン)などを考えて実際に入ってみて、
波に何度も刺さり、ロッカーという事に気づき始め、短刀などで削り調節などをしたのだろう。

情報を知ってではなく、自然をみて感じ生み出された物、創造力豊かな人間が持つ本来の知性なのでしょう。

ツアー会社: エス・ティー・ワールド

アイテムの違い

この時テュピラポイントで使用した板のスペックなのですが、TOKOROの5’10 18/1/8 2/1/8 テイルSQ レールMID プラグNO3というモデルだったのですが、長さが短くても厚みのある昔風なボードが意外と面白いのではないでしょうか。

ポイントが宿の目の前なので直ぐに板を変えて海に入れるのがとても魅力的ですね。
カールの質も良いのでサーフボードの性能がわかりやすく、色々な板がテストできることだと思います。

最高な思い出を!!

ツアー会社: エス・ティー・ワールド

憩いの空間

テュピラ村の私たちが住む宿の中には、小さなBARカウンターがあり、そこのスペースで皆が談笑できるようになっている。
BARには様々なものが売っている。ビール、ジュース、スナック、蚊取り線香など私たちの為に取り揃えた
様な品物ばかりだ。

バーテンの人に、ポイントの紹介や明日の波の状況、車で移動の際の手配などもこちらで受け付けてくれる。

夜、ここの場に旅のメンバーが集まり今日の自分の波乗り状況を話たりリラックスしながら、明日の予定を話し合う。
きっとここでは、日本の日常生活では普段話さないようなことも自然と気分を落ち着かせ、話す事もできるだろう。

ハンモックで寝ころびながら綺麗な星を眺め明日に備える憩いの場です。

ツアー会社: エス・ティー・ワールド

連想

テュピラ村では空港から降りてワンボックスの車で迎えに来てくれ、サーフボードをトラックに積み込む作業をしてくれる。そんな中、彼らの運転で村まで行く。

道中たまに、対向車とすれ違う。

三台の車以外ここの村にはない。

そんな時に私は、どんな状況下で、この車を手に入れたのだろうと考えてしまう。

また、村の人はどんな夢を乗せて、この車を運転しているのだろう。と今までに意識した事のないような、日本では当たり前の物を目にした時、そんなことをふっと、連想させてくれる。

ツアー会社: エス・ティー・ワールド

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

パプアニューギニアへのツアー

もっと見る≫

今のポートモレスビー

天気
所により曇
気温:31℃
湿度:62%
現地時間
冬でもSUP!Jeep®オーナーの藤村育三さんが企画する本物のアドベンチャートリップ

ページの先頭へ