パプアニューギニアの新着のクチコミ

ホーム >  パプアニューギニアの新着のクチコミ

ケビエンのローカルマーケット コーナーズマーケット

ケビエンの街中にはスーパーマーケットがいくつかありますが、ローカルマーケットも存在します。その名前はコーナーズマーケット。曲がり角にあるからコーナーズマーケットというらしいです。

このローカルマーケットで是非手に入れたいのが、現地のバナナ。日本で食べるバナナが偽物ではないか?と思えるほどの果実感と芳醇な香り。この後ケビエン、ポートモレスビーと旅行しましたが、このバナナの味に出会う事はありませんでした。

ケビエンのバナナ、是非試してみてください。きっと病みつきになるはずです。

地図を拡大する

ケビエンの奥地には巨大ウナギをペットにしている集落が存在する!

第一次世界大戦中にドイツ軍がつくったというハイウェイを1時間ほど行くと、その集落はあります。

一見すると、まったくそんな巨大ウナギなど存在しないとも思えるような場所に、突如として巨大ウナギは現れます。

集落では昔から巨大ウナギをペットとして飼っているらしく、その餌のカンズメはスーパーで購入したサバ缶でした。下流からバシャバシャと水しぶきを上げて何匹も巨大ウナギが遡上してくる姿は圧巻の一言。

ケビエンに行ったら、ぜひ試してみたいエクスカージョンの1つです。

地図を拡大する

碧く輝くケビエンの奥座敷 ヌサ・アイランド・リトリート NUSA ISLAND RETRET

ケビエン湾に碧くかがやく2つの島、ヌサアイランド。小さい方の島に、オーストラリア人オーナーのショーンさんが運営するヌサ・アイランド・リトリート NUSA ISLAND RETRET があります。

このリゾートはサーフィンスポットとして、そしてダイビング、スノーケリングスポットとしても有名だそうです。また、多くのオーストラリア人が訪れているため、洗練されたヨーロッパスタイルの海鮮料理を楽しむ事ができます。

ケビエンに行ったら、またぜひこの場所でゆったりと素敵な時間を過ごしたいと思います。

地図を拡大する
P.O.Box305, Kaving, NIP

雲のカタチ

こんにちは!
カメラマンの北川暢男です。

先日参加させていただいたパプアニューギニアのファムトリップ。
今回はケビエンが目的地だったわけですが、
PNGといえば空の旅も、うかうかしていられません。

僕はよく飛行機に乗ると寝ちゃうんですが、
今回、窓から景色を見ていたら全然寝られない(笑)。
雲のカタチがなんかね、いいんですよ。
ポートモレスビーからケビエンへは陸、海、島という順でしょう。
ケビエンからポートモレスビーへはその逆。
島にかかる雲、海にかかる雲、陸(ジャングル)にかかる雲で、
カタチがいろいろと違うんです。
おもしろい発見!

ワクワクしながら写真を撮っているうちにあっという間に到着。
皆さんもぜひ窓側の席を取って、空旅を楽しんでくださいね。


しつこくてすみません。
今回撮影したケビエンの特集が今発売中の『マリンダイビング』9月号に掲載されています。
ぜひご覧くださいね!

素足で過ごせるナチュラルな島

カメラマンの北川です。

自分、「ワイルド」とよく他人から言われるのですが
(自分ではそんなつもりは毛頭ない、シティボーイだと思っているわけですが!?)
《リセナンアイランドリゾート》で快適だなと思ったのが、
サンダルいらず、なこと。そう、裸足(素足)で一日中過ごせるんです!

島はサンゴが隆起してできた島なので、
基本的にはサラサラサンゴ砂で、道を歩くときも裸足でOK。
レストランやバーもサンドカーペット。
下手にビーサンを履くよりもずっとオシャレなんです。
しかも、とにかく気持ちいい。

こんな生活をしていたら、ホント、靴なんて履けなくなりますわな。


ちなみに、自分の部屋(コテージ)に入るときは、
コテージ前に水をためたバケツがあって、そこに足を入れて砂を落とすだけ。
簡単です。

靴もサンダルもいらない、
夕日がきれいに見える、料理のおいしい島《リセナンアイランドリゾート》。
もちろんスタッフもめちゃくちゃいいし。
オススメです!

地図を拡大する

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

今のポートモレスビー

天気
所により曇
気温:30℃
湿度:58%
現地時間
冬でもSUP!Jeep®オーナーの藤村育三さんが企画する本物のアドベンチャートリップ

パプアニューギニアへのツアー

もっと見る≫

ページの先頭へ