パプアニューギニアの新着のクチコミ

ホーム >  パプアニューギニアの新着のクチコミ

ラバウル | マスクフェスティバル

去年のことですが、5年ぶりに毎年7月にラバウルで開催される「ナショナルマスクフェスティバル」に行ってきました。

トウライ族のキナバイ儀式、トゥブアンの圧倒的な迫力、他の部族の力の入ったダンス、どれをとっても最高でした。
最終日にはラバウル市内も終日かけてツアーにいき、山本五十六のバンカーや旧日本軍の戦争の跡地も訪れました。

日本と何かとつながりのあるラバウル。4月から10月はダイビングとしてもシーズンに入るということで、
今度はダイビングでラバウルを訪れたいと思いました。

All photos by Nobutsugu Sugiyama

地図を拡大する
PO Box 1008 Kokopo East New Britain Province PNG

初のダイビング | マダン | マダンリゾート

先日人生で初の海外ダイビングをパプアニューギニアのマダンというところでしてきました。大潮にあったたせいか海峡は少し荒れ模様、激流でしたが、レア系の魚にもあえてとても素晴らしいダイビング体験になりました。

とにかく魚の魚影が濃いというのが第一印象で、カツオの群れ、バラクーダの群れ、それまたレックダイビングもできるという感じで最初の海外ダイビングにしてはいささか出来すぎという感じでした。

無論サンゴもとても綺麗で、手付かずの自然がまだ残り、ベストシーズンにあてるとものすごいポテンシャルを秘めている海だなと感じました。

私は見れなかったのですが、ラジャンアンパットからパプアニューギニアにかけて見られる「エポーレットシャーク」の同種の「カーペットシャーク」がみました。おそらくそのような情報は過去になかったと思うので、僕らが最初にみた日本人なのかもしれません。

ガイドに聞くと「毎日みるよー」的な軽い返事で、彼らにとってはいつもみる魚ということなのかもしれませんが、僕らはその話で夕食は盛り上がっていました。

なかなかアベレージの高いパプアニューギニアダイビング。今後別のエリアにいくのが本当に楽しみになる初の海外ダイビングでした。

All photos by Takuya Nakamura

地図を拡大する
P.O. Box 707, Madang Papua New Guinea, 511

人気水中カメラマン古見きゅうさんと行く!パプアニューギニア!

ニューギニア島のすぐ北に位置するニューブリテン島、岩質の島で透明度が高いことが特徴で北側海岸の中程に突き出たウィロウメッツ半島の東側がダイビングサイトとなるキンベ湾です。局部的に潮あたりがきついこともなく、しかし潮通しがよいので、透明度の高い海に豊かなサンゴが生い茂り、その中を適度な回遊魚が巡っている!ビギナーから経験者まで豊かな水中世界を満喫できます!

リゾートではもちろん全食事付!!そして嬉しい毎日のランドリーサービスは荷物の多いダイバーには嬉しい特典!!

そんな秘境の地パプアニューギニアを古見カメラマンと潜り倒し!!
カメラの勉強をしながら太古の海!パプアニューギニアを潜るツアー!

地図を拡大する

ワーフダイビング

トゥフィにはワーフダイビングと言われるダイビングがある。ワーフダイビングはフィヨルドの裂け目を潜るビーチダイビングの事で、砂地にはカニハゼなどのハゼ類やワニゴチやカサゴ類、勿論、ウミウシも多く見ることが出来る!更に、ガレ場からウォールになっているエリアや桟橋下の石垣の隙間にはニシキテグリやヘアリーオクトパスなども見られ、浅場には様々な魚の幼魚や人気マクロ生物がめじろ押し!

ツアー会社: 株式会社ワールドツアープランナーズ
地図を拡大する

鮮やかな水中景観!

トゥフィの海の魅力はその透明度と豊富な魚の種類!まるで空中に浮いていると錯覚する程の透明度の高さに驚かされる!!トゥフィの名物として有名なのは「レッド・ピンジャロスナッパー」と呼ばれる赤色のフエダイの仲間の群れがまず挙げられる!!地味にも見える魚は光が当たる事で一瞬にしてダイバーの目を引き付けるほど美しい赤色に変化する!!パプアニューギニアらしいサンゴの群生も見もの!!圧巻の一言です!

ツアー会社: 株式会社ワールドツアープランナーズ
地図を拡大する

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

今のポートモレスビー

天気
だいたい曇
気温:25℃
湿度:100%
現地時間
冬でもSUP!Jeep®オーナーの藤村育三さんが企画する本物のアドベンチャートリップ

パプアニューギニアへのツアー

もっと見る≫

ページの先頭へ