このエントリーをはてなブックマークに追加

フェスティバル・お祭り | マウントハーゲンの旅行のクチコミ

  • 投稿者:numa
  • 2013-05-12 17:51

マウントハーゲン - ハーゲン・ショー その2

参加する部族が雄叫びを上げ、太鼓を叩き踊りながら続々とラグビー場になだれ込んでくる。巨大なサンバ専用スタジアムに次々と登場するリオのカーニバル、もしくは様々な集団が列を成して演舞場に踊り込む阿波踊りにも似た、混とんとした空間。動物の毛や羽根や巨大な貝殻を身に纏い、原色の化粧を施した高地の人々。まるで5万年の人類史を凝縮するかのような華やかな祝宴だ。

朝の10時頃はじまったフェスは午後3時頃、最後の部族がラグビー場に現れると終わりを迎える。思ったよりも時間は短いけれど、内容はものすごく濃いし、シャッターチャンスには事欠かない。デジカメのメモリカードは多めに用意してポケットに入れておいたほうがいいと思う。ちなみに会場内は非常に安全で、スリに用心する必要はない。かばんを置いたままその場を離れるような行為はご法度だが、身の危険を感じることはまずないと思われる。

パプアニューギニアでは現在、様々なシンシン・フェスティバルが催されている。特にファッションセンスがずば抜けた高地の民族を見たいなら、「ハーゲン・ショー」はまたとない機会だ。

地図を拡大する
  • 投稿者:numa
  • 2013-05-12 17:48

マウントハーゲン - ハーゲン・ショー その1

マウント・ハーゲンはハイランド地方を代表する都市。パプアニューギニア国内で第3の規模を持つそうだ。中でも観光のメインは、8月に行われる「ハーゲン・ショー」だろう。

会場は空港の隣にあるラグビー場なのでアクセスは抜群。とはいえホテルは市内なので、街へ。パプア大3の都市というけれど、すごくのどか。ちなみに治安はあまり良い方じゃないとのこと。ハイランド地方の人はプライドが高く好戦的なので、現在でも部族の争いが時々発生する。とはいえ観光客が巻き込まれることはまずないのでご安心を。

翌朝、ふたたびラグビー場へ。ゲート付近は人だかりができていてちょっとしたカオス状態。会場のまわりでは衣装に着替えたり原色系のお化粧をしたりと、色々な部族が準備しているので見て回ると結構面白い。ちなみに高地ニューギニア人はよりアボリジニに近い、ダークブラウンの肌をしている。

まずは開会式。多分主催者とか知事とかが挨拶をしている。ゲートの外では正装に着替え、出番を待ちきれない部族が歌いはじめたりしていて騒がしい。今回、外国から訪れたのは約150人ほどと、驚くほど少ない。フェスに集う部族の数は数十、参加者は1000人はいると思われるので、見物客よりも圧倒的に多いということになる。観光客のために、簡素ではあるけれど客席が組まれているので、ゆったり座って鑑賞ができる。客席から望遠レンズで写真を撮っている人も多いけれど、ラグビーグラウンドに入って部族と間近で遭遇しつつ写真を撮ることも自由。僕はもちろん後者を選択。

地図を拡大する

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

お祭りのツアー

もっと見る≫

今のポートモレスビー

天気
所により曇
気温:31℃
湿度:62%
現地時間
冬でもSUP!Jeep®オーナーの藤村育三さんが企画する本物のアドベンチャートリップ

ページの先頭へ