このエントリーをはてなブックマークに追加

フェスティバル・お祭り | ゴロカの旅行のクチコミ

ホーム >  パプアニューギニアの街 >  ゴロカ >  フェスティバル・お祭り

ゴロカと言えば、マッドマンでしょう。

ゴロカで検索すると、マッドマンという文字が出てくる・・・。これは、何?気が狂っている人を言うのか?と頭の中は疑問だらけ。でも、これだけ書いてあるからには、見なくては、と思い、ゴロカにマッドマンに会いに行った。
ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハハ。
言葉では、表現できない、可笑しさ、面白さ・・・。
この人たちって何?怖いような、怖くないような・・・・。
また、その由来も笑える。
部族闘争で戦いたくないあまり、亡霊に化けて、敵を脅かしたらしい。
確かに、薄暗い藪の中から、こんなのがたくさん出てきたら、怖いかもなあ~。
でも、この恰好では戦えませんという感じです。
今でも、気分が落ち込んだ時には、マッドマンを思い出して笑っています。
皆さん、ぜひマッドマンに会いに行ってください。ハママス(現地語の意味:幸福)をいただけます。

ツアー会社: PNGジャパン
地図を拡大する

アサロ渓谷のマッドマン村!

3年前にパプアニューギニアに行った時、アサロ渓谷に住む「マッドマン」を見る機会がありました。写真では見ていたのですが、生のマッドマンを見れて感激!登場の仕方が何ともユニークで、「さーきますよ!!」みたいな合図もなしに、どこから来るのだろうと待っていると、茂みの中からそーと出て来るではありませんか。

葉っぱでハエをよけながらゆっくりと近づいて来るマッドマン。少し笑いそうになりながら、それをこらえながら待っていると、いきなり後ろの茂みから出て来るではありませんか!その瞬間、3人いた同行者すべてが椅子から転がり落ちたのはいうまでもありません。

パフォーマンスの後、仮面をかぶってみたのですが本当に重たかったです。これをかぶって歩くだけでも5分はもたないなという重さでした。

その後、村伝統の「ムームー」という食事を頂きました。穴を掘って、そこに熱した石を敷き詰め、バナナの葉っぱで様々な野菜や芋類を包んで蒸す料理です。以外と美味しく、特にタピオカ(日本ではゼリーでし見かけませんが、実はサツマイモみたいな形をした芋です)が美味しく、一同ムシャブリついて食べました。

子供達の笑顔や、村で日干ししているコーヒー、何だかウルルン紀行に近い感覚で村を後にしました。

また友達と一緒にマッドマンを見れたらと思います。子供達も日本から連れて来て、この何ともいえない民族をみせてあげたくなりました。

ツアー会社: PNG ジャパン ゴロカ支店

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

お祭りのツアー

もっと見る≫

今のポートモレスビー

天気
所により曇
気温:30℃
湿度:58%
現地時間
冬でもSUP!Jeep®オーナーの藤村育三さんが企画する本物のアドベンチャートリップ

ページの先頭へ