このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイビング | キンベの旅行のクチコミ

  • 投稿者:wtpwtp
  • 2014-07-27 15:47

キンべ湾でのダイビング ~THE ZERO~

今回、初めて経験したのがAIRPLANE WRECK DIVE、
沈んだゼロ戦を見るダイビングです。
日本人ガイドのケイコさんのお話では、戦時中に
ここの近くで交戦があったそうですが、
恐らく燃料切れ(機体に銃弾の跡はないそうです。)か
何かで不時着をしたのでは?という事です。
その際にできる限り陸地の近くに不時着しようとしたらしく、
ポイントは陸地の目の前で水深も17m前後です。

実際に潜って、機体は驚くほど綺麗な形を保っており
両翼と尾翼は欠けることなく残っています。
そして左翼には機銃が付いています。操縦席は計器類の痕跡が。
(サンゴが張り付いててメーターは見えません。)、
操縦桿もしっかりついています。この機体の識別番号?から、
誰が操縦していたか判ったそうですが、
その方は日本に戻っていないそうです。
このポイントは他に見るべきものがないのですが、
当時この場所がどんなだったのかなぁと色々想像しながら
不思議な気持ちで潜ってました。

ツアー会社: 株式会社ワールドツアープランナーズ
地図を拡大する
  • 投稿者:wtpwtp
  • 2014-07-27 15:32

キンべ湾でのダイビング ~サンゴと魚編~

私がキンべの海に潜ってまず感じたのは、
ここのサンゴはピカイチです。

印象に残っているのがSUSAN REEFのハードコーラル、
VANESSA REEFやJOSIE`S REEFのカイメン、ヤギ、
ウミウチワなどのソフトコーラルです。
ハードコーラルはリーフのトップからスロープの下
水深30mくらいまでびっちり隙間なく群生し、
ソフトコーラルはどれも大きく育ち、
その中でもヤギがあちらこちらで
すすき畑のようになっているのはとても目を惹きました。

何でも、キンべ湾の西側にある細長く北へ伸びた半島が、
北西モンスーンで引き起こる大波をブロックしてくれるため、
海底のサンゴにダメージが少なくて済んでいる事、
そしてパプアニューギニアではダイナマイトを使った
漁をする習慣が昔からなかった事が、何十年~何百年もの間、
サンゴが傷つけられずに育つことができた要因だそうです。

大物スポットは2ヵ所へ行きました。
JOEL`S REEFとINGLIS SHOAL`Sです。
JOEL`S REEFではシャークフィーディングを見せてくれました。
すぐにメジロザメが3~4匹、ホワイトチップも3~4匹集まって
迫力ある回遊・捕食シーンが見られました。

INGLIS SHOAL`Sではギンバラを見られました。
ここでは一緒に見られることが多いそうです。

マクロポイントではデニスピグミーシーホース、カニハゼ、
ギンガハゼ、クラウンアネモネフィッシュ、そしてヤギや
イソギンチャクに付くエビ、ウミウシなどを
ガイドが見つけてくれました。

綺麗なサンゴと綺麗な魚、
のんびり水中散歩を楽しむのに絶対オススメ!\(^o^)/

ツアー会社: 株式会社ワールドツアープランナーズ

ギンガハゼ

魚群や、広大に広がるサンゴ礁といった、ワイルドでワイドなイメージのあるパプアニューギニアの海だが、小さな生き物たちとの出会いも面白い。
他のエリアに比べて、パプアニューギニアの生き物は、生息する水深が浅いように思われる。そして警戒心が弱く、近くまで近寄らせてくれて撮影ができる気がする。つまり、生き物とじっくり向き合いながら撮影できる海なのだ。
写真のギンガハゼという魚も、水深数メートルの浅瀬で、じっくりと撮影することができた。
マクロが好きなフォト派ダイバーにはたまらない海だ。

バラクーダの群れ

ブラックフィンバラクーダが群れていた。1メートル近くになりそうな魚が、たくさん群れているのは、やっぱりカッコイイ。体の表面も金属のようにピカピカと光沢がるので、ストロボでその質感を表現してやると、まるで、刀のような金属感のある写真になる。
ダイバーが群れに近寄って行っても、まるで関係ないかのように、気にもせず逃げることもない。
この海では、僕らが来訪者で、彼らが海の主であることをわかっているかのように、悠然と泳ぎ続けている。

サメに会いたい!!

怖いイメージのあるサメだが、好きというダイバーは多い。
あのシュッとしたシャープな姿がカッコイイという。
この時も数匹のサメが集まってきていた。通常のウォッチングなら、ある程度の距離で見られれば満足だろうが、この時はフィッシュアイレンズという、かなり近寄らなければ大きく写らないレンズを付けていたので、グイグイサメに近寄って行った。ファインダーを覗いていると、あまり恐怖を感じないから不思議なものだ。
ここは撮影もしやすく、サメをゆっくり見たい!という人にはオススメのスポットだ。


ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

ダイビングのツアー

もっと見る≫

今のポートモレスビー

天気
所により曇
気温:30℃
湿度:58%
現地時間
冬でもSUP!Jeep®オーナーの藤村育三さんが企画する本物のアドベンチャートリップ

ページの先頭へ