ダイビング | ケビエンの旅行のクチコミ

このエントリーをはてなブックマークに追加

沈船ダイビング

こんにちは!
カメラマンの北川暢男です。

ケビエンクチコミ第7弾です。

第二次大戦が終わって早や69年。
パプアニューギニアも日米が闘う戦地だった。
ここケビエンにも、当時の戦跡が残っている。
海の中も同様で、ここかしこに日本軍や米軍の飛行機、船が眠っているのだ。

だが、そのどれもが今では魚たちの恰好のすみかとなっていて
戦争の悲惨さを忘れさせるくらい、そこには平和な世界が広がっている。
忘れてはならないこと。
でも、魚たちが見せてくれる平和な世界。
そんなことを考えながら写真を撮る。

一番印象深かったのは「ディープピート」。
日本の旧海軍の三菱重工製の飛行機だといわれる。
水深40mに鎮座しているその姿は、今なお凛々しく、
周囲が白砂のせいかとても40mだとは思えないぐらい明るい。

しかも、魚もぐっちゃりついていて、
世界中のフォトグラファーが絵になるスポットだと絶賛するところでもある。

シングルタンクで、無減圧潜水時間内で潜るためには
ダイブプランが緻密に組まれている。
浮上時は水深20mでディープストップ。
さらに5mでも普通に安全停止。
そうすることで、無減圧潜水ができるということにも感激。


なお、「ディープピート」が発見されたのは今から10年前の2004年。
まだまだ僕たちの知らないレックがあるかもしれない。


※今発売中の『マリンダイビング』9月号でも
ケビエン特集を組んでいます。ぜひご覧ください!!

地図を拡大する

コメント(0)

コメントはまだありません


コメントするには、ログインしてください。

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

パプアニューギニア・ファンに登録して、
あなたの知っているパプアニューギニアの
クチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

パプアニューギニア・ファンについて

ダイビングのツアー

もっと見る≫

今のポートモレスビー

天気
所により曇
気温:30℃
湿度:58%
現地時間
冬でもSUP!Jeep®オーナーの藤村育三さんが企画する本物のアドベンチャートリップ

ページの先頭へ